ソラのトケイ Jetlag (β)
渡航後の行動を快適に

海外渡航で生じる「時差ボケ」をなくすソリューション

ビジネスや海外遠征をサポート

現地の時間帯に体をなじませながら移動するため、到着して時差ボケを調整するロスをなくすことが可能です。

相対性時計と空の移り変わりに合わせて就寝を行います。
独自の相対性時刻技術により、出発と到着の情報を計算した、通常とは異なる時間の進み方の時計を生成します。 この時計に合わせて、就寝を行います。

東方面、西方面、出発の現地時刻から、到着の到着地まで、シームレスに時刻が進みます。
例えば下記は、ローマから日本への実例です。(東方面、西方面両方で検証済みです)
※現時点では、直行便のみ対応しています。

フライト時間12時間20分
相対性フライト時間約22時間

事象相対性
時刻
ROME
時刻
日本
時刻
出発14:5514:5522:55
夕食18:5017:171:17
就寝21:0018:362:36
起床7:000:408:40
朝食8:001:169:16
到着11:153:1511:15
VR画面イメージ (昼/夜)

飛行機内でヘッドマウントディプレイ等を使い、空を体感します。頭を動かすと空も見渡せるので、より現実感を体感可能。
※使用するヘッドマウントディスプレイや、スマートフォンなどによってカスタマイズが必要です。

航空会社サービスとして

将来的には、飛行機会社によって、サービスとして専用設備を設けたり、飛行機内の窓がなくなり壁面ディスプレイ化が進めば、ヘッドマウントディスプレイを装着せずに行うことも可能となります。